長野県/一般社団法人駒ヶ根観光協会
アルプスの大自然で「焚火コミュニケーション」デザインアウトドアツーリズム

あたらしいツーリズム | アルプスの大自然で「焚火コミュニケーション」デザインアウトドアツーリズム メインビジュアル

当エリアでは「焚火・薪火の聖地」を宣言! 人と人との距離を縮めるといわれている焚火のチカラを活用して、観光客と地域住民の距離を縮め交流を深めることができる「たき火カフェ」を開催。毎週ワンテーマで地元のメインスピーカーと「学び」のあるディスカッションを行い、旅行者が地元の人と会話する出会いの場を創出します。また、焚火を使った屋外企業研修のツアーなどの造成にも取り組んでいます。

おすすめ
ポイント

  • 観光客と地元住民がたき火を囲んで、当地域の独自の価値・人・文化を語る交流型拠点たき火カフェ
  • 「直火」で楽しむたき火カフェ!養命酒をはじめとする地元5蔵の多様なお酒やソフトドリンクBAR
  • 在宅勤務・テレワークでリアルなコミュニケーションが困難な中、「焚火」を使った屋外企業研修のツアー造成
おすすめポイントイメージ画像

紹介

【アルプスの里みなこい焚火プロジェクト】
●なぜ焚火?
焚火を見ると落ち着く・よく眠れるということで、
焚火のYouTube動画が癒しの効果で人気となっています。
焚火の周囲に自然と集まるため、あまり話したことのない相手と
コミュニケーションが取りやすくなった、という経験をしたことはありませんか?
実際に、大阪ガス株式会社エネルギー技術研究所の発表によると、
暖炉がある部屋とない部屋で比較実験をしたところ、
暖炉がある部屋の方がうなずく回数が増えたり、
会話が途切れる回数が減ったりする事象が確認され、
コミュニケーションが密になり相手により親近感を感じるようになる
との実験結果が報告されています。
コロナの影響でリモートワークなど人と接触する機会を
減らすことが求められる今だからこそ、
焚火のチカラで効果的にコミュニケーションを取ることが、
新しい価値提供につながると考えています。

●焚火・薪火の聖地
当地域は、中央・南2つのアルプスに囲まれた自然豊かな場所です。
また、その環境に魅せられてアメリカから移住したポール・キャスナー氏が、
35
年前に立ち上げた薪ストーブの販売大手ファイヤーサイド株式会社をはじめ、
薪ストーブ関連企業が複数あり、薪ストーブの普及率も
非常に高く地域に根付いた文化となっています。
また、焚火を最も身近に楽しむことができるのはキャンプ場ですが、
当地域には全国的にも人気の個性豊かな7つのキャンプ場があります。
このような恵まれた地域のポテンシャルを引き出し、
焚火・薪火を、地域を象徴するブランドのひとつとして確立することを目的として、
2020
1127日、私たちは「焚火・薪火の聖地」宣言を行いました。
焚火が持つ不思議なチカラを解明・活用し、
ビジネスやコミュニティ作りに役立つサービスの開発に取り組んで参ります。

◆法人向けサービス
在宅勤務・テレワークでリアルなコミュニケーションが困難な状況のなか、
「焚火」を使った屋外企業研修のツアー商品を開発します。
下記2つに特化した事業を検討しています。
・新しいアイデアを生み出したり、新しいビジネスモデルを
検討したりするアイデアソン会議
・リアルなコミュニケーションを育む
新人・インターン・リーダーシップ・異業種交流研修

◆個人向けサービス
旅行者と地元の人が「焚火」を囲む交流型コミュニティの拠点づくり

【産官学連携による推進】
本プロジェクトは、伊南DMO設立準備会を中心に、
公立諏訪東京理科大学 篠原菊紀ゼミと連携し、
産官学連携体制にて推進して参ります。

最新情報は
▶︎ホームページ
▶︎Facebook
をご覧ください!

  • 応援2
  • facebook

新型コロナウイルス
感染予防対策

■全事業者が共通して実施する感染症予防対策
・スタッフの業務中のマスク着用を徹底する。
・スタッフは、業務中できる限り頻繁に手洗いまたは手指消毒を行う。
・スタッフの勤務開始前に、検温および体調確認を実施する。
・スタッフに新型コロナウイルス感染症を疑われる症状が見られる場合、又はスタッフの家族や同居者の感染が確認された場合は出勤せず自宅等に待機する。
・業務中に感染が疑われる症状がみられる場合、スタッフは直ちに業務を離れる。
・手すりやドアノブなど不特定多数の人の手が触れる箇所は、定期的に消毒液によるふき取り消毒する。
・屋内施設では、窓を常に2方向10cm程度開けて、外気が入るようにするか、空調設備を使って常に外気を導入する。
・雨天や厳寒期等、窓を常に開けることができない場合は、30分おきに窓をあけて換気する。
・密集を避けるため、施設等の入場人員を制限する。
・旅行者間との身体的距離(2mを目安に最低でも1m)を確保できるよう、行列の間隔を示す目印の設置や、間隔を空けてテーブル・イス等を配置する。
・受付や入場口では、飛沫防止のアクリル板やビニールシートを設置する。
・旅行者にパンフレットなどを手渡しする場合は、常に新品をお渡しする。

■当事業者が実施する感染症予防対策
・新型コロナウイルス感染症対策を徹底し、入場制限を設ける場合がある。
・発熱・咳などの症状がある方、体調に不安のある方は、ご来場を控えていただく。
・37.5℃以上の発熱や体調不良が確認された場合は、利用不可となる。
・来場者には、手指の消毒やマスクの着用をお願いする。
・会場での食事提供は行わない。

イベント・アクティビティ・旅行コンテンツ情報/お知らせ

金曜夜だけ現れる焚火カフェ「タキビト」~たき火と旅人と地元人と~
名称:
金曜夜だけ現れる焚火カフェ「タキビト」~たき火と旅人と地元人と~
開催日程:
2020年12月4日(金)~2021年2月26日(金)
開催時間:
17:00~21:00
毎週金曜日のみ開催 ※ 年末年始の12/25・1/1・1/8は除く 合計11回 4月以降も継続予定
場所:
長野県 長野県駒ヶ根市赤穂北割一区759−437 駒ヶ根キャンプセンター
アクセス:
中央自動車駒ヶ根ICから車で5分 JR飯田線駒ヶ根駅から車で10分
料金:
1,000円/1名(モニター価格:アンケート回答を依頼) ※薪代・1ドリンク付き

問い合わせ先

当事業についてのお問い合わせ先

  • 一般社団法人駒ヶ根観光協会
  • 0265-81-7700
  •  info@kankou-komagane.com