【リビングの松永さん】原作と違うところ3選!つまらない?感想まとめ

2024年1月9日(火)23時~ドラマ『リビングの松永さん』がスタートしました。

主人公の松永さんを演じるのは、Sexy Zoneの中島健人さんで、ヒロインは高橋ひかるさんです。

原作漫画のファンも多く実写化を楽しみにしていた人も多いと思いますが、放送されると「原作と違う」との声が多くあがっています。

そこでドラマ『リビングの松永さん』の原作と違うところ3つをまとめてみましたので、見て行きましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【リビングの松永さん】原作と違うとの声!

ドラマ『リビングの松永さん』をみて、原作と「違う」と言う声が沢山あがっています。

中島健人さんのファンにとっては、胸キュンシーンが多く楽しめているかもしれません。

しかし、原作ファンにとっては、残念に思った人も多いようです。

スポンサーリンク

【リビングの松永さん】原作と違うところ3選!

ドラマ『リビングの松永さん』と原作との違いは沢山ありますが、3選まとめてみました。

  1. 登場人物とキャスト
  2. 設定
  3. ストーリー

それでは、一つずつ見て行きましょう。

違う①登場人物とキャスト

ドラマ『リビングの松永さん』と原作との違いで特に多くあがっていたのが、松永さんを演じる中島健人さんについてです。

原作の松永さんは、黒髪で硬派なイメージですが、中島健人さんのビジュアルはかなり明るめの茶髪でオシャレな感じに。

原作ファンからすると、松永さんのイメージが中島健人さんではないとの意見が多いですね。

サバコ以外全部違うとの声もあります。

全部のキャラクターを原作に合わせるのは、確かに難しいですよね。

しかし、主人公くらいは似せてほしかったと思う人が多いようです。

スポンサーリンク

違う②設定

ドラマ『リビングの松永さん』と原作との違いで、色々設定の違いがあります。

ミーコがシェアハウスに住む理由は、原作では両親が祖母の介護するためでしたが、ドラマは両親が実家の旅館を継ぐため。

ドラマでは、松永さんがミーコの保護者代わりになる設定ですが、原作は違います。

原作でも、松永さんはミーコを家族のような優しさで接しますが、保護者というよりは兄のような感じ。

ドラマで保護者代わりと言う設定なのに、松永さんとミーコの年の差ラビコメディですよね。

保護者代わりの松永さんが、ミーコに手を出して良いのでしょうか?と言う疑問の残る設定になっています。

違う③ストーリー

ドラマ『リビングの松永さん』と原作との違いで、ストーリーも全然違うと言う声が多いです。

ストーリーはドラマ仕立てになっているのかもしれませんが、原作と全然違うと言われています。

ストーリーもかなり違うとなると、漫画の胸キュンシーンがどうなるのか?も心配ですよね。

スポンサーリンク

【リビングの松永さん】つまらない?

ドラマ『リビングの松永さん』は原作と全然違うので、つまらないと感じる人もいるかもしれません。

しかし、中島健人さんのファンは、原作との違いは気にせず楽しんでいるようです。

原作ファンは、ドラマが原作と違い過ぎてつまらない、面白くないと感じている人が多いかもしれません。

しかし、中島健人さんファンは、中島健人さんのカッコ良さに注目して見ているので、面白いと感じているようです。

スポンサーリンク

まとめ

ドラマ『リビングの松永さん』と原作は、全く違うものと感じる人が多いようです。

原作と違うところは、以下の3つで、原作があると言ってよいものなのか?と言うくらい違います。

  1. 登場人物とキャスト
  2. 設定
  3. ストーリー

ドラマ『リビングの松永さん』は、原作ファンにとってはガッカリした人が多いようです。

しかし、中島健人さんファンはビジュアルが良いなど、他で楽しみを見つけているようです。