和牛の解散理由7選!最近見ない!川西・水田のテレビ出演が少ない理由も!

吉本興業のお笑いコンビ「和牛」が2024年3月末で解散することを発表しました。

和牛は、NSC大阪校26期の水田信二さんと川西賢志郎さんにより、2006年にコンビが結成されました。

『M-1グランプリ』では2015年~5年連続で決勝に進出し、2016年~3年連続で準優勝となりました。

お笑いの実力も高く、人気も高い和牛が、なぜ解散することになってしまったのか?解散理由7選をまとめてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

和牛が解散を発表!

お笑いコンビ「和牛」の2人の画像

2023年12月12日の夜に、お笑いコンビ・和牛が2024年3月末で解散すると吉本興業の公式サイトを通じて発表しました。

和牛解散のご報告

弊社所属 和牛が2024年3月末をもちまして、コンビを解散することになりましたのでご報告します。

■水田信二 コメント
来年の3月末をもって和牛を解散することになりました。

きっかけは、3年程前に気の緩みから複数回の遅刻が重なったことでした。加えて漫才のパフォーマンスにおいて川西の要求に応えられないことがあり、漫才への取り組み方について川西との差を感じるようになりました。

お客さんに笑ってほしいという目的は同じでしたが、川西の求めるものと自分のやりたいこととのギャップが徐々に開いていき、相方に対して意見することができなくなり、楽しかった漫才が苦しいだけの毎日になっていました。

自分にとって、漫才も漫才以外のお仕事も、芸人の仕事は全て本業です。
和牛を応援して下さっていた皆様、会社やスタッフさん、関係者の方々にはお笑いで応えていきます。

川西のことは、絶対に大丈夫な人なので心配はしていません。
僕自身のことはすごく心配だらけなのでこれまで以上に応援してください。

水田信二

■川西賢志郎 コメント
突然の報告ではございますが、来年の3月末日をもって和牛を解散することとなりました。

3年ほど前から、僕はより舞台に力を入れたいという思いが強くなる一方で、水田の劇場出番への遅刻が続いたことをきっかけに、自分と彼との漫才に対する姿勢の違いが目立つようになりました。徐々に彼を信頼できなくなり、節度を保てず厳しく言葉をかけることもありました。それが彼を苦しめることに繋がり、求めるような漫才もできなくなってしまいました。

自分がなりたかった漫才師像を、実現している姿を楽しみにしながら応援してくださっていた皆様には、心苦しい報告となりましたが、どうかご理解ください。

また、関係者各位へ最大限にご迷惑をおかけしない形を模索し、会社と相談を重ねておりましたが、急なご報告となってしまいました。そのために、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

漫才師として自分を育ててくれた会社やスタッフの皆様、仲間やお客様に、改めて感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

今後も芸人活動は続けてまいります。
新たに情熱を捧げられるものを探し、見つけ、挑戦していけたらと思っています。

具体的な活動に関して、皆様へお伝えできる日が来るよう、日々を精一杯に。

川西賢志郎

水田信二さんと川西賢志郎さんの気持ちが、すでにバラバラと言うことがわかる解散発表の文章ですね。

2人とも吉本興業に残るものの、コンビは解散するとのことです。

スポンサーリンク

和牛の解散理由7選!

和牛の本当の解散理由7選をこちらにまとめてみました。

  1. 水田信二の遅刻
  2. 川西賢志郎の鬱
  3. 川西賢志郎のストイックさ
  4. 水田信二のテレビ出演希望
  5. 熱量の違い
  6. 信頼関係の欠如
  7. 漫才がつまらなくなった

ひとつずつ見て行きましょう。

①水田信二の遅刻

和牛の解散発表のコメントに、2人とも水田信二さんの遅刻について書かれています。

水田信二さんは、きっかけが気のゆるみによる遅刻だったと言っています。

きっかけは、3年程前に気の緩みから複数回の遅刻が重なったことでした。

一方、川西賢志郎さんも水田信二さんの遅刻をきっかけに、気持ちがすれ違っていたようです。

3年ほど前から、僕はより舞台に力を入れたいという思いが強くなる一方で、水田の劇場出番への遅刻が続いたことをきっかけに、自分と彼との漫才に対する姿勢の違いが目立つようになりました。

3年ほど前から、すでに和牛は解散危機に面していたんですね。

スポンサーリンク

②川西賢志郎の鬱

和牛解散発表の少し前に「週刊文春」で報道された内容には、川西賢志郎さんの鬱が原因と書かれていました。

川西が気を病んで鬱っぽくなってしまっているのです。最近の川西は『M-1で優勝できていない』など漏らしており、相当悩んでいた。和牛の2人は、漫才という芸事については誰よりもストイック。舞台袖で取っ組み合いの喧嘩になるほど議論になることも多い。しかし、川西は現在の状態ではその熱量で漫才に向き合えないと考えています。

引用元:週刊文春

「週刊文春」によると、川西賢志郎さんが鬱っぽくなり、『漫才や今後に支障をきたす』と水田信二さんに解散を持ちかけたとのことでした。

水田信二さんは解散の申し出を断り続けましたが、最後は川西賢志郎さんの身体を第一に考えて水田さんが渋々承諾したようです。

しかし、川西さんの鬱については公表されていません。

③川西賢志郎のストイックさ

2021年3月14日放送の『情熱大陸』に和牛が出演した際、川西賢志郎さんのストイックさが際立っていました。

川西賢志郎さんは、「他の仕事を断ってでも年に500回劇場に立つ」と話していて、劇場での漫才に情熱を注いでいることが明かされました。

川西さんは、他の芸人からもストイックだと評判で、舞台出演時は早めに劇場に来て、客席をチェックしていました。

和牛は、舞台袖で客席を見て、本番直前にその日の客層に合ったネタを披露しているとのことでした。

多い日だと1日に8ステージあるときも、「同じネタは絶対やらない」と決めているとも話していました。

芸人としての心意気は素晴らしいですが、川西さんのストイックさに水田さんがついていけなくなったようです。

スポンサーリンク

④水田信二のテレビ出演希望

川西賢志郎さんは、「他の仕事を断ってでも年に500回劇場に立つ」と舞台中心をモットーに掲げていました。

しかし、水田信二さんはテレビ出演を希望していたのだと思われる文章が、解散コメントに書いてありました。

自分にとって、漫才も漫才以外のお仕事も、芸人の仕事は全て本業です。

最近は、漫才をテレビでやる番組が減っているため、和牛を「最近見ない」「テレビ出演が少ない」などと言われていました。

それは、川西さんの漫才優先と言う気持ちがあったからのようです。

ただ水田さんは、漫才以外の仕事もやりたかったと言うことで、2人の意見が割れていたのだと思われます。

⑤熱量の違い

水田信二さんと川西賢志郎さんの熱量の差は明らかですね。

漫才中心にストイックな川西さんと、他の仕事もやりたいと漫才にやる気が出なくなってしまった水田さん。

川西さんは、水田さんの遅刻をきっかけに信頼できなくなり、喧嘩ごしになることもあったようです。

お客さんに笑ってほしいという目的は同じでしたが、川西の求めるものと自分のやりたいこととのギャップが徐々に開いていき、相方に対して意見することができなくなり、楽しかった漫才が苦しいだけの毎日になっていました。

水田さんは、あまりにも一生懸命な川西さんの熱量についていけないと思いながらも、意見することができなかったようです。

和牛2人の原点である漫才への熱量の違いで、2人はすれ違っていったのだと考えられます。

スポンサーリンク

⑥信頼関係の欠如

川西さんは、水田さんの遅刻をきっかけに信頼できなくなり、喧嘩ごしになることもあったようです。

徐々に彼を信頼できなくなり、節度を保てず厳しく言葉をかけることもありました。それが彼を苦しめることに繋がり、求めるような漫才もできなくなってしまいました。

やはり解散のきっかけは、水田さんの遅刻で、信頼関係が欠如してしまったようです。

信頼関係がなくなってしまった状態で、コンビとして漫才を続けても、上手く行くはずありませんよね。

意見を出し合い、ぶつかることもしなくなるほど、2人の関係は厳しくなっていたようです。

⑦漫才がつまらなくなった

当初、和牛として楽しんでやっていた漫才も、水田さんと川西さんの気持ちがバラバラとなり、つまらなくなってしまったようです。

水田さんが解散コメントでこのように書いています。

楽しかった漫才が苦しいだけの毎日になっていました。

川西さんの漫才への情熱が強いほど、水田さんを苦しめてしまったようですね。

お笑い芸人でも、漫才がつまらないと思いながら、漫才を続けて行くことは難しいと思います。

スポンサーリンク

和牛の解散理由まとめ

和牛の解散理由7選をまとめてみました。

  1. 水田信二の遅刻
  2. 川西賢志郎の鬱
  3. 川西賢志郎のストイックさ
  4. 水田信二のテレビ出演希望
  5. 熱量の違い
  6. 信頼関係の欠如
  7. 漫才がつまらなくなった

和牛の解散のきっかけは、水田さんの度重なる劇場遅刻から少しずつ2人の気持ちが離れてしまったことがわかりました。

気持ちがバラバラで2人の関係が悪化したまま、お笑いコンビを続けるのは難しかったのだと考えられます。

和牛は解散しますが、それぞれがやりたいことをやって活躍できると良いですね。