岡山県/(一財)矢掛町観光交流推進機構(やかげDMO)
ワーケーションリゾート・備中矢掛

あたらしいツーリズム | ワーケーションリゾート・備中矢掛 メインビジュアル

400年の歴史を持つ旧山陽道の宿場町、岡山県小田郡矢掛町。この宿場町が、「仕事」も「余暇」も充実させるワーケーショ ンリゾートになります。テーマは「江戸の宿場町、矢掛で現代アートに出会う」。本陣をはじめ、旧山陽道の各所に現代アート作品を展示し、宿場町現代アー ト回廊を創出します 。分散型宿泊施設だからこそ安心して過ごせるワーケーションをぜひ満喫ください。

おすすめ
ポイント

  • 日本初のアルベルゴ・ディフーゾタウン(分散型ホテルエリア)、矢掛町に現代アート回廊が登場(鑑賞無料)
  • 日曜日は和装ウェルカムデー! 皆さんも一緒に和服を身に纏って町歩きを楽しもう!
  • 週末の夜は古民家でのトークセッション、朗読、生演奏や創作演劇など、矢掛町だから楽しめるイベントが満載
おすすめポイントイメージ画像

紹介

矢掛宿は山陽道(西国街道)18番目の宿場町として、
江戸時代の参勤交代制度とともに栄えました。
江戸宿場町の町並みを色濃く残す矢掛町は、
2018
年に日本初のアルベルゴ・ディフーゾタウンとして認定されました。
「アルベルゴ・ディフーゾ」とは、
イタリア語で“分散したホテル”を意味し、
点在している空き家を宿として活用して
街をまるごと活性化させる取り組みです。
詳しくはこちら
お申し込みはこちら

「ワーケーションリゾート・備中矢掛」は、
“宿場町で現代アートに出会う”をテーマに、
「矢掛屋INN&SUITES」をはじめとする分散型宿泊施設で仕事をしながら、
コロナ禍の新常態の生活様式を取り入れたイベントや
アクティビティを余暇として楽しむことができます。

ワークの環境として、分散型ホテルの静かなプライベート空間と、
「あかつきの蔵」など仕事に取り組みやすい
コワーキングスペース環境を整えております。

バケーションとしては、江戸情緒を残す町の各所に
現代アートを展示し、「宿場町現代アート回廊」を創出します。
作品展示以外にも矢掛町のために企画した
演劇や生演奏、和服に身を包んだ町歩きなど、
矢掛をまるごと楽しむ仕掛けが随所に散りばめられています。

***イベント・アクティビティのご紹介***
《宿場町現代アート回廊》

宿場町として江戸時代から様々な人の往来があった矢掛町。
期間中は、現代アートを各所に展示しておりますので、
町全体が美術館のようになります。

【写真3枚目】
宮永愛子 suitcase -key- 2013 ナフタリン、樹脂、封蝋、ミクストメディア
撮影=木奥恵三 ©MIYANAGA Aiko Courtesy of Mizuma Art Gallery

【写真4枚目】
松村晃泰《スケッチ》2020年まちぶらりアート(岡山市)での展示風景

《宿場町ほろ酔いナイトイベント》
矢掛町でのワーケーションの夜にふさわしいテーマで、
トークイベントやアーティストによるパフォーマンスを開催します。
会場では、原材料にこだわったお酒を楽しむことができます。

《宿場町ナイトライトアップ》
本陣会館付近の通りの一角にて、17時〜2130分まで
ライトアップを行い、幻想的な彩りを添えます。

《サンデー和装ウェルカムデー》
矢掛町の方々が和服を装い、来訪者をお出迎えします。
あなたもご一緒に和服で江戸宿場町気分に浸ってみませんか。

《備中神楽面絵付け体験》
国の重要無形民族文化財にも指定されている備中神楽は、
神事の舞と芸能の舞が一体化した郷土芸能として伝承されています。
この体験では神楽の面に絵付けをし、
世界に一つの自分だけの面を作ることができます。

《やかげ観光ガイド》
本陣・脇本陣が当時の姿を残し、
ともに国の重要文化財に指定されているのは
全国でも矢掛町だけといわれています。
矢掛町の歴史や文化、おすすめのお店やおみやげ、
隠れ観光スポットまで、ガイドが丁寧にご案内します。

注)新型コロナウィルスの感染拡大にともない、
イベントやアクティビティの内容が変更、
または中止になることがございます。
あらかじめご了承ください。

最新情報は
▶︎ホームページ
Facebook
をご覧ください!

  • 応援1
  • facebook

新型コロナウイルス
感染予防対策

■全事業者が共通して実施する感染症予防対策
・スタッフの業務中のマスク着用を徹底する。
・スタッフは、業務中できる限り頻繁に手洗いまたは手指消毒を行う。
・スタッフの勤務開始前に、検温および体調確認を実施する。
・スタッフに新型コロナウイルス感染症を疑われる症状が見られる場合、又はスタッフの家族や同居者の感染が確認された場合は出勤せず自宅等に待機する。
・業務中に感染が疑われる症状がみられる場合、スタッフは直ちに業務を離れる。
・手すりやドアノブなど不特定多数の人の手が触れる箇所は、定期的に消毒液によるふき取り消毒する。
・屋内施設では、窓を常に2方向10cm程度開けて、外気が入るようにするか、空調設備を使って常に外気を導入する。
・雨天や厳寒期等、窓を常に開けることができない場合は、30分おきに窓をあけて換気する。
・密集を避けるため、施設等の入場人員を制限する。
・旅行者間との身体的距離(2mを目安に最低でも1m)を確保できるよう、行列の間隔を示す目印の設置や、間隔を空けてテーブル・イス等を配置する。
・受付や入場口では、飛沫防止のアクリル板やビニールシートを設置する。
・旅行者にパンフレットなどを手渡しする場合は、常に新品をお渡しする。

■当事業者が実施する感染症予防対策
《宿場町現代アート回廊》
密集が避けられるよう、町の各所に点在させた配置にて展示。
また、鑑賞者数が多くなる場合は、スタッフが適宜入場者数をコントロールする。
アート回廊鑑賞中は常時マスクの着用をお願いする。

《ほろ酔いナイトイベント》
参加者には、マスク着用、検温、手指消毒への協力をお願いする。
定員数の上限を設け、アーティストとお客様の距離、
およびお客様同士が十分な間隔を確保して着席、鑑賞できる座席配置にて開催。
椅子やテーブルは、使用の都度、消毒し、外気を取り入れた換気を行う。

《宿場町ナイトライトアップ》
町の通りの一角を利用したライトアップは、作品の前に密集しないよう注意喚起する。

《サンデー和装ウェルカムデー》
きもの着付けの際は、マスク着用、検温、手指消毒への協力をお願いする。
密を避け、待ち時間を減らすため、予約枠制として
体験者にあらかじめ時間をお知らせする。
着付け体験者が変わるごとに、部屋の換気を行う。

《備中神楽面絵付け体験》
参加者には、マスク着用、検温、手指消毒への協力をお願いする。
受け入れ人数に上限を設け、絵付け講師は指導や支援の場において、直接的な接触を避けて行う。
道具類は消毒したものを用意するが、
直接手で触れることがないよう使い捨て手袋を用意する。
会場は30分に一度外気を取り入れた換気を行う。

《やかげ観光ガイド》
参加者には、マスク着用、検温、手指消毒への協力をお願いする。
受け入れ人数を通常の3分の1以下に制限したうえで催行する。

イベント・アクティビティ・旅行コンテンツ情報/お知らせ

名称:
ワーケーションリゾート・備中矢掛
開催日程:
2021年1月8日(金)~17日(日)
開催時間:
イベントにより異なります
場所:
岡山県 小田郡矢掛町
料金:
イベントにより異なります(有料・無料あり)

当事業についてのお問い合わせ先

  • (一財)矢掛町観光交流推進機構
  • 0866-83-0001
  •  info@workation-yakage.jp