幽遊白書の実写キャスト一覧と比較・予想も【Netflix】配信はいつから?

人気漫画☆遊☆白書」がNetflixで、実写ドラマ化されることが決定しました。

☆遊☆白書」は、『週刊少年ジャンプ』で1990年から1994年まで連載された冨樫義博さん原作の大人気漫画です。

人間界、魔界、霊界をまたにかけ、個性あふれるキャラクターたちが活躍する、かなり実写化が難しそうなストーリーですよね。

実写キャストが誰になるのか?どのように実写化されるのか?すごく気になりますよね。

そんな気になる遊白書」の実写キャスト一覧と原作漫画キャラクターの比較を見て行きましょう!

スポンサーリンク

幽遊白書の原作は?

☆遊☆白書」は、『週刊少年ジャンプ』で1990年から1994年まで連載された冨樫義博さん原作の大人気漫画です。

1992年~1995年には、フジテレビでアニメ化されました。

遊白書」主人公の浦飯幽助は、ケンカに明け暮れ、学校でも札付きの不良として恐れられています。

ある日、幼い子どもをかばって事故死すると言う衝撃的な場面から、物語がスタートします。

「不良である幽助が子どもを助けて死ぬ」ことは霊界にとって想定外でした。

そのため、幽助は妖怪が関わる事件を解決する霊界探偵となって蘇ります。

個性豊かなキャラクターと共に人間界、魔界、霊界をまたにかけ壮大な戦いに挑むファンタジーアドベンチャーです。

スポンサーリンク

幽遊白書の実写キャスト一覧と原作比較【Netflix】

引用元:Twitter

遊白書」には、個性豊かなキャラクターが沢山出てきますので、実写化で誰が演じるのか?気になりますね。

遊白書」実写キャスト一覧をまとめてみましたので、見て行きましょう。

浦飯幽助役/北村匠海

「幽遊白書」浦飯幽助役/北村匠海

写真引用元:Twitter

主人公の浦飯幽助(うらめしゆうすけ)は、北村匠海さんが演じています。

幽助の特徴でもある、黒髪リーゼントと緑の学ランが似合っていますね。

役作りについて北村は「原作よりダークな空気感が強い印象があると思います。ヤンキーとしてのツッパリと、目の前のことから目を背けない優しさを幽助には感じながら演じています」と告白。

引用元:ORICON NEWS

幽助は不良だけど、友達思いで優しくて、戦っている姿はかっこいいんですよね。

そして女の子には弱い、愛されるべきキャラクターを北村匠海さんがどのように演じるのか?楽しみです。

北村匠海さんのアクションシーンも、新鮮で楽しみですね。

スポンサーリンク

蔵馬役/志尊淳

「幽遊白書」蔵馬役/志尊淳

写真引用元:Twitter

蔵馬(くらま)は、志尊淳さんが演じています。

蔵馬のトレードマークであるロングヘアと赤髪、中性的で妖艶な雰囲気が漂っていますね。

今回の出演に志尊は「『幽☆遊☆白書』は学生時代に見ていて好きだったので、まさか自分にお話をいただけるとは思っていませんでした。うれしい気持ちももちろんありましたが、世界中にたくさんのファンがいるこの作品で蔵馬というキャラクターを演じることへのプレッシャーも同時に芽生えました」と告白。

引用元:ORICON NEWS

蔵馬は、女性人気の高いキザな役どころ。

志尊さんの甘いマスクが、蔵馬にリンクしたら、女性はかなりハマってしまいそうですね。

ローズウィップという薔薇のムチのシーンがどのようになっているのか?見どころです。

飛影役/本郷奏多

「幽遊白書」飛影役/本郷奏多

写真引用元:Twitter

飛影(ひえい)は、本郷奏多さんが演じてます。

白いヘアバンドとミステリアスな雰囲気が、とても合っていますね。

本郷は「スピードを生かした戦闘スタイル、クールながらも実は仲間想いな性格、飛影のことを好きな方にも納得していただけるように飛影らしさを意識して組み立てたつもりです」と述べ、「詳しくは語れませんが、ド派手なことを数多くやっております。今までの日本の映像作品では見たことがないようなスケールのバトルシーンが盛りだくさんです。アクションチームの気合いが凄まじいので、とてもパワフルなバトルシーンに仕上がることでしょう」と語った。

引用元:ORICON NEWS

飛影は、目的のためには手段を選ばない非情な性格の妖怪ではありますが、本当は人間味のあるキャラクター。

一見クールで冷たい印象の飛影のギャップをどのように本郷さんが演じるのか?楽しみですね。

実写化するとなかなか難しい役どころだと思われます。

スポンサーリンク

桑原和真役/上杉柊平

「幽遊白書」桑原和真役/上杉柊平

写真引用元:Twitter

桑原和真(くわばらかずま)は、上杉柊平さんが演じています。

和真は、泥臭い三枚目キャラなので、上杉さんではカッコよすぎる気がしますね。

桑原を演じるにあたって上杉は、「大人になって感じた、実直で無骨、愛に溢れ、自分の信じたことに真っ直ぐに突き進める桑原和真という最高にかっこいい人物を演じることが出来る事を大変嬉しく思いました」と熱く語り、また撮影現場での様子について「見た事のない大きさのセットや、初めて体感した規模のCG用の撮影方法、全国各地で行われたロケに超一流のチームが揃っての撮影、非常に贅沢な現場だと感じながらも、自分もその一部なのだと心を奮い立たせ毎日を過ごしていました!」と興奮冷めやらぬコメントを寄せている。

引用元:ORICON NEWS

和真は、喧嘩っ早いお調子者ですが、人情味のある優しいキャラクターです。

原作では、大男と言うイメージですが、上杉さんも背が高いので、存在感はぴったりだと思います。

上杉さんが和真の三枚目キャラをどのように演じるのか?楽しみですね。

雪村螢子役

雪村螢子(ゆきむらけいこ)は、幽助の幼馴染みで成績優秀でスポーツ万能の優等生。

正反対の幽助とはいつも喧嘩ばかりしています。

幽遊白書のヒロイン的な存在の螢子は誰が演じるのでしょうか?

雪村螢子は、白石聖さんが演じるのではないか?と予想されています。

少しずつドラマや映画で活躍しはじめている若手女優なだけに、楽しみですね。

スポンサーリンク

コエンマ

コエンマは、霊界の長である閻魔大王の息子で、幽助を霊界探偵に任命した人物です。

霊界では赤ん坊、人間界では美青年の姿に変わる不思議キャラ。

おしゃぶりを加えたシーンもあると思いますので、誰が演じるのか?楽しみですね。

ぼたん

ぼたんは、死者を霊界に連れていく霊界案内人。

一度死んだ幽助のお目付役を務め、幽助が生き返った後は霊界探偵の助手としてサポートしています。

幻海

霊光波動拳の使い手で、幽助の師匠。

霊力を最大まで高めることで、肉体が最も充実していた頃に若返ることができる不思議なキャラクター。

スポンサーリンク

戸愚呂弟

戸愚呂(とぐろ)兄弟の弟は、体の筋肉を自由に操作する、恐るべきパワーを持った妖怪。

かつては人間だった存在感抜群のキャラクター。

戸愚呂兄弟の弟を綾野剛さんが演じるのではないか?と予想されています。

マッチョな体を実写では、どのように表現するのでしょうか?

戸愚呂兄

戸愚呂(とぐろ)兄弟の兄は、弟とは全く性格が違う。

弟と行動を共にする事が多く、普段は物静かで理知的ですが、実際には饒舌で卑劣で残酷なキャラクター。

人の死を嬉々として弄び、楽しんでいる恐ろしい存在。

戸愚呂兄弟の兄を滝藤賢一さんが演じるのではないか?と予想されています。

かなりぶっ飛んだ奇妙な役を沢山演じているだけに、どう演じられるのか?気になりますね。

スポンサーリンク

幽遊白書(実写)の配信はいつから?

「幽☆遊☆白書」のNetfilix配信は2023年12月の予定です。

スポンサーリンク