丸田湊斗(慶應)は横浜市立日限山中学校出身!野球をはじめたのはいつから?

2023年夏の甲子園大会で、103年ぶりに決勝進出を決めた慶應義塾高等学校野球部!

その中で「慶應のプリンス」「美白王子」と話題を集めているのが、丸田湊斗(まるたみなと)さんです。

マルチヒットを放ち、尚且つイケメンと言うことで、丸田湊斗さんについて気になっている人は多いですよね。

そこで、丸田湊斗さんの出身中学や中学時代の野球チームなど、学歴や野球歴についてまとめてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

丸田湊斗(慶應)のプロフィール

丸田湊斗

・読み方:まるたみなと

・生年月日:2005年4月25日(18歳)

・出身地:神奈川県横浜市

・身長:174cm

・体重:73kg

スポンサーリンク

丸田湊斗(慶應)は横浜市立日限山中学校出身!

丸田湊斗が横浜市立日限山中学校出身であることを証拠する慶應義塾高校のホームページの画像

丸田湊斗さんは、横浜市立日限山中学校(ひぎりやまちゅうがっこう)出身です。

慶應義塾高等学校野球部のホームページに、出身中学が載っていました。

横浜市立日限山中学校

住所:神奈川県横浜市港南区日限山四丁目33番1号

中学校は自宅から近い中学に通う人がほとんどですので、丸田湊斗さんも自宅から一番近い中学校だったと考えられます。

スポンサーリンク

丸田湊斗(慶應)が中学時代に所属していた野球チームは?

丸田湊斗さんが中学時代に所属していた野球チームは「横浜泉中央ボーイズ」です。

丸田湊斗さんは「横浜泉中央ボーイズ」の30期生でした。

「横浜泉中央ボーイズ」の宇野和之監督が、「news every.」の取材で丸田湊斗さんについてインタビューを受けていました。

丸田が中学時代に所属していた「横浜泉中央ボーイズ」の宇野和之監督が登場。取材については「恥ずかしがるかなと思いますけどね」と丸田のシャイな一面を語った。

中学時代の丸田については「色が白くて、かわいらしい選手でした。『日に焼けないのかなぁ』と」と当時から“美白プリンス”の雰囲気を醸し出していたと語った。一方で「何しろ、ここの腕の部分が強い」と筋力も際立っていたと説明。両翼100メートルの球場のフェンスを指しながら「このグラウンドでもオーバーフェンス2発くらいは出してる」と“かわいくない”パワーの持ち主であることも語っていた。

引用元:デイリー

丸田湊斗さんは当時、とてもシャイな少年で当時から色白だったそうです。

しかし、中学時代から腕の筋力が際立っていたと言うことです。

甲子園で丸田湊斗さんが活躍している姿を見て、宇野和之監督はとても嬉しそうでした。

「横浜泉中央ボーイズ」のホームページを見てみると、数多くの甲子園出場者を輩出していることがわかりました。

スポンサーリンク

丸田湊斗(慶應)が野球をはじめたのはいつ?

丸田湊斗さんが野球をはじめたのは、小学校3年生の時でした。

少年野球チーム「南鶴岡スカイラークス」に所属していました。

「横浜泉中央ボーイズ」のホームページに丸田湊斗さんが「南鶴岡スカイラークス」出身と載っていました。

丸田湊斗さんは、西宮市出身の父の影響で、幼少期から阪神ファンだそうです。

野球をはじめたのも父親の野球好きの影響からかもしれませんね。

関連記事

2023年夏の甲子園大会で103年ぶりに決勝進出を決めた慶應義塾高等学校の丸田湊斗(まるたみなと)さん。丸田湊斗さんは、坊主頭の印象が強い甲子園球児の印象を覆す、さらさらヘアに色白イケメンです。野球の実力はもちろんですが、炎[…]