寺島しのぶの息子(まほろ)の小学校は慶應【現在】歌舞伎・CM・ドラマで活躍する理由も!

女優の寺島しのぶさんの息子・寺嶋眞秀(まほろ)くんがとてもかわいいですよね!

まほろくんは、現在小学校4年生の9歳ですが、日本最難関と言われる慶應義塾幼稚舎に通っていることも注目されています。

通常であれば、歌舞伎関係者が多く通う青山学院初等部に入学するのが一般的の様です。

寺嶋眞秀くんが、慶應義塾幼稚舎に入学した理由と、芸能活動を両立させている理由が気になりますよね。

そこで、「寺島しのぶの息子(まほろ)の小学校は慶應【現在】歌舞伎・CM・ドラマで活躍する理由も!」について、見て行きましょう!

スポンサーリンク

寺島しのぶの息子(まほろ)のプロフィール

寺嶋眞秀(てらじままほろ)

寺嶋眞秀(てらじままほろ)

生年月日:2012年9月11日

出身地:東京都

身長:140cm

体重:30kg

所属事務所:アプティパ所属

寺島しのぶの夫ローランと息子の眞秀
寺嶋眞秀くんのお父様は、アートデザイナーのフランス人・ローラン・グナシアさんです。
日本とフランスのハーフと言うことで、目鼻立ちがクッキリのイケメンですよね。
眞秀くんは、寺島しのぶさんとローランさんが英語で会話しているため、日本語、英語、フランス語の3か国語が話せるそうです。
「眞秀(まほろ)」の名前の由来は、ヤマトタケルの「大和は国のまほろば(すばらしい所)」からとったそうです。
スポンサーリンク

寺島しのぶの息子(まほろ)の小学校は慶應

寺島しのぶの息子(まほろ)の小学校は慶應

寺島しのぶさんの息子・寺嶋眞秀くんの小学校は、最難関校の慶應義塾幼稚舎です。

寺島しのぶさんのお父様である尾上菊五郎さんをはじめ、歌舞伎関係者は 青山学院初等部に通っていました。

青山学院は、歌舞伎への理解があり、芸能と学業との両立がしやすいからのようです。

しかし、寺嶋眞秀くんは学業と稽古の両立が簡単ではない、難関校である慶應義塾幼稚舎に入学しました。

慶應義塾幼稚舎の倍率や学費は?

慶應義塾幼稚舎への入学は、倍率15~20倍とかなりの難関校で、入学することも入学してからも大変だそうです。

入学するには、両親のどちらかが慶應義塾幼稚舎の卒業生であることが一般的の様です。

しかし、両親とも慶應義塾幼稚舎の卒業生ではありませんが、寺島しのぶさんのお父様の力があったからではないか?と言われています。

寺島さんのお父さんは人間国宝の尾上菊五郎さんですから、ご贔屓筋には社長さんやお医者さん、政治家などたくさんいらっしゃいます。そんな方々を通じて知り合った、学校関係者にご挨拶に上がったと聞いていますよ。もちろん、お子さんたちの頑張りが一番大事なのは間違いありません

引用元:FRIDAY

学費は、初年度で160万円、小学校6年間で1,000万円ほどかかります。

他の私立小学校と同じくらいのようです。

スポンサーリンク

歌舞伎俳優御用達の青山学院でない理由は?

寺嶋眞秀くんが青山学院に入学しなかった理由は、跡取り問題のようです。

寺島しのぶさんは、歌舞伎一家で育つも、女性であるため歌舞伎役者にはなれませんでした。

そのため、寺島しのぶさんは結婚会見でも「男の子ができたら歌舞伎役者にしたい」と話していました。

しかし、寺嶋眞秀くんは将来的には跡取りにはなれません

跡取りは、寺島しのぶさんの弟である尾上菊之助さんの長男・和史くんが継ぐことになります。

眞秀くんは昨年5月に“初お目見え”を果たしていますが、将来的に跡取りにはなれません。菊五郎になるのは弟・菊之助さんの長男で、眞秀くんより1才年下の和史くんというのが既定路線です。来年、和史くんがAに入学し、将来の團十郎や菊五郎と同じ小学校に通いながら、自分は大名跡を継げないという“現実”を、いずれ眞秀くんは突きつけられることになる。それを知ったうえで厳しい芸事の練習に励むのは、とてもつらいでしょう。

その苦しさは、歌舞伎役者になりたくてもなれなかった寺島さん自身が痛いほどわかっている。だから、将来、眞秀くんが“歌舞伎とは違う世界に”と思った時に備えて、より選択肢が広がるBを受験させたのかもしれません

引用元:女性セブン

眞秀くんが、跡を継げない現実を突きつけられたときのためにも、歌舞伎とは違う世界を選択できるようにしたのかもしれません。

寺島しのぶの息子(まほろ)の英才教育がすごい!

寺島しのぶの息子(まほろ)の英才教育がすごい!

眞秀くんが2歳のときから一週間予定が埋まる程、日舞など習い事をしているそうです。。

寺島しのぶさんは、「眞秀くんに歌舞伎役者になってもらいたい」と思いつつも、現実的に跡を継げません。

そのため、歌舞伎役者以外の仕事を選択することもできるように、色々な習い事をしているようです。

父親のローランさんは、自主性を重んじる教育方針だそうです。

寺島しのぶさんも歌舞伎にこだわらず「本人がやりたいことを目いっぱいやらせればいいんだ!」と言う考え方に変わってきているようです。

スポンサーリンク

寺島しのぶの息子(まほろ)の現在

寺島しのぶさんの長男の寺嶋眞秀くんは、現在小学4年生の9歳です。

他の歌舞伎役者とは違い、積極的にCMやドラマなどテレビ出演を果たしています。

それは、寺嶋眞秀くんが歌舞伎以外にも、自分のやりたいことをできるように色々な経験をさせているのだと思います。

寺島しのぶの息子(まほろ)は歌舞伎役者

寺嶋眞秀くんの叔父は五代目尾上菊之助さん、祖父は七代目尾上菊五郎さんです。

寺島しのぶさん一家は、歌舞伎一家ですので、眞秀くんも4歳で歌舞伎の舞台に立っています。

それから毎年、1回以上は歌舞伎の舞台にたっています。

歌舞伎の稽古だけでも大変そうですが、学業の両立となれば、もっと大変だと思います。

市川猿之助さんは「純粋に才能にほれ込んだ。芸勘、音感がいい」とベタ褒めしていました。

スポンサーリンク

寺島しのぶの息子(まほろ)出演のCM

寺嶋眞秀くんは、横浜の動物と触れ合えるエンターテインメント施設「オービィ横浜」のCMに出演していました。

ナレーションは声優の野沢雅子さんで、眞秀くんは「いってみよう!」の一言だけでした。

寺嶋眞秀くんは、花王「クイックル Joan」に南海キャンディーズの山ちゃんと出演していました。

秦基博さんの歌声と眞秀くんの爽やかさが、マッチしたCMになっています。

寺島しのぶの息子(まほろ)出演の映画

寺嶋眞秀くんは、ハリウッドで実写化した映画『ソニック・ザ・ムービー』で声優に初挑戦しました。

主人公・ソニックの幼少期となるベビーソニックの日本語吹替を担当しています。

眞秀は収録を終え、「アフレコは楽しかったです。でも、ベビーソニックが、笑ったり、叫んだりするところは難しくて、くすぐられたので笑うことができました。自分の声が入った映像を観たけれど、面白かったです」とうれしそうに語った。

引用元:マイナビニュース

笑い声は、まわりのスタッフが眞秀くんをくすぐって収録したそうです。

慣れないことも挑戦することで、色々な経験ができているようです。

スポンサーリンク

寺島しのぶの息子(まほろ)出演のドラマ

2022年7月5日スタートの火曜ドラマ「ユニコーンに乗って」で寺嶋眞秀くんがドラマデビューします。

大手通信会社CEO羽田早智役を演じる広末涼子さんの一人息子・羽田玲央役を演じます

ドラマの撮影現場では「ほとんど緊張しなかった。演じるのは難しいけれど、それ以上にドラマの撮影は楽しく、おもしろいです」と話していました。

母の寺島しのぶさんは「いろんな新しいことを体験してほしい。無理に演じようとせず、一番大事なのは“役の心”と伝えています」とのことです。

お母様の寺島しのぶさんと一緒に台本読みをしているのでしょうか?

寺島しのぶさんとの演技練習やアドバイスで、どんな演技になっているのか?楽しみですね。

スポンサーリンク