柏木由紀のAKB48卒業はいつ?卒業理由5選と今後についても【2022最新】

AKB48の柏木由紀さんは、2022年の現在31歳ですがAKB48に在籍し、アイドル活動を続けています。

AKB48と言えば、前田敦子さんや大島優子さん等、当初の主要メンバーは、すでに卒業、結婚し子供を産んでいる人も多いです。

そのため、柏木由紀さんは、「いつAKB48を卒業するのか?」気になっている人は多いですよね。

30歳を過ぎてアイドルを続けていても、さすがに40歳まで続けるのは難しいのではないでしょうか?

そこで「柏木由紀のAKB48卒業はいつ?卒業理由と今後についても【2022最新】」について、見て行きましょう。

スポンサーリンク

柏木由紀のAKB48卒業はいつ?

柏木由紀のAKB48卒業はいつ?

柏木由紀さんは、2022年7月15日放送の「占いリアリティーショー どこまで言っていいですか?」に出演。

AKB48卒業時期について「みんな、何のタイミングでやめてるんだろう?」と相談していました。

占い結果によると、「来年9月」つまり「2023年9月」に、柏木由紀さんはAKB48を卒業すると言われていました。

実際どうなるか?はわかりませんが、柏木由紀さんの卒業はもうそろそろなのではないか?と思われます。

スポンサーリンク

柏木由紀のAKB48卒業理由5選

柏木由紀のAKB48卒業理由

柏木由紀さんは、アイドルが好きなので、アイドルでいる自分が好きで、一番楽しいと話していました。

そのため、「なかなかアイドルを卒業する理由が見つからない」とこれまで話し、30歳を過ぎた現在もAKB48を続けてきました。

柏木由紀さんのAKB48卒業理由は何なのでしょうか?

①後を任せられる後輩が増えた

AKB48には、リーダー的な総監督が存在しますが、現在のAKB48総監督は向井地美音さん。

柏木由紀さんより7歳年下の若いメンバーがやっています。

柏木由紀さんは、総監督の子の立場を立てつつ活動していると話していました。

柏木由紀さんが卒業してもAKB48を任せられる後輩メンバーがいるため、安心して卒業できるのだと思います。

スポンサーリンク

②メンバーと話が合わない

柏木由紀のAKB48卒業理由

柏木由紀さんは3期生ですが、その後一番近いのは12期生だそうです。

AKB48に入ったばかりのメンバーには、中学生もいて柏木さんの年齢の半分の子もいるそうです。

柏木由紀さん自身も、メンバーと「全く話が合わない」と話していました。

ジェネレーションギャップを感じたことも、AKB48卒業理由になるかもしれません。

③体力的に限界

AKB48は以前に比べると激しいダンスが増えてきました。

そのため、柏木由紀さんは「ダンスの練習がしんどくなってきた」と体力的な限界を感じていると話していました。

柏木由紀さんは、番組の企画で人間ドッグを受けたら難病「脊髄空洞症」が発覚し、入院、手術をしたこともあります。

AKB48はステージ上では華やかですが、裏では不規則な生活や、過酷なダンス練習があります。

アイドルでいたい気持ちはあっても、体力的に限界がきたこともAKB48卒業理由になるかもしれません。

スポンサーリンク

④誰にも抜かれない最年長記録

柏木由紀のAKB48卒業理由

柏木由紀さんは、現在31歳。アイドルで31歳とは、すごいですよね。

30歳手前や30歳になって卒業するメンバーが多いため、柏木由紀さんは、AKB48メンバー最年長記録を樹立しています。

制服っぽい衣装が多いAKB48ですから、若いメンバーと肩を並べてやっていくのは大変だと思います。

誰にも抜かれないであろう最年長記録をつくったため、卒業を決めたのかもしれません。

⑤恋愛・結婚したい

AKB48グループは、アイドルとして恋愛禁止と言われてきました。

卒業したAKB48メンバーは、すでに結婚して、子供がいるメンバーも多いです。

柏木由紀さんも、かつて子供が好きで、「子供が欲しい」と言う話をしていました。

そのため、恋愛、結婚をするためにも、卒業を決めたのかもしれません。

スポンサーリンク

柏木由紀の卒業後・今後は?

柏木由紀の卒業後・今後は?

柏木由紀さんは、自身のYouTubeチャンネル「ゆきりんワールド」でメイク動画をアップしています。

柏木由紀さんは、美容がすごく好きなので美容のお仕事をしたいと以前話していました。

そのため、AKB48を卒業しても、美容商品をプロデュースしたり、テレビCMへの出演を目指したりするのではないでしょうか?

AKB48卒業メンバーは、女優に転身する人が多いですが、柏木由紀さんはそこまで女優の仕事は多くありません。

そのため、どちらかと言うと小嶋陽菜さんのように自分のコスメブランドを作るなどの活動になると思われます。